監視カメラの種類

カメラの種類についてですが、ここでは一般的によく利用されている、オーソドックスなタイプを紹介します。

まず一つ目は、箱型カメラです。駐車場や駐輪場などでよく見かける、昔からあるタイプのものです。レンズとカメラの組み合わせの選択肢が広く、夜間に強いカメラ、逆光に強いカメラ、数百メートル離れた場所も撮影できるかめらなどがあり、用途に合わせたカメラを選ぶことができます。

二つ目はドーム型カメラです。建物内の天井や会議室などでよく使われています。圧迫感が少ないのが特徴で、防水加工されているもの、暗い場所でも撮影できるもの、赤外線照射タイプのものなど、いくつかのタイプがあります。中のレンズを交換できないため、一般的な画角での撮影となります。

三つ目はパンチルトズームカメラで、こちらはLANケーブルを繋げることで遠隔操作が可能となり、パソコンを利用して360度レンズを動かすことができ、対象物を拡大することも可能です。

四つ目は赤外線カメラです。明るさの少ない屋外に最適で、予め屋外に設置することを想定しているため、防滴、防水きのうが付いているものがほとんどです。

大きく4種類を挙げましたが、同じ種類でも機能性や大きさ、メーカーも非常に多いため、よく吟味し目的に応じた最適なカメラを選ぶ必要があります。

カメラの方式

防犯を主な目的とする場合、さらに特殊なカメラもあります。例えば、センサー機能付きのカメラです。セキュリティー機器と連動させ、録画ソフトで録画したり、LEDライトを照射することで不審者を撃退するものもあります。

他にもカメラの存在を意識させないマジックミラー監視カメラというものがあり、店舗における防犯対策に最適です。外からはカメラが見えないようになっています。スーパーやコンビニなどに設置すれば、万引き犯の撮影と店員の勤怠監視の1台2役にもなります。また、最近では設置の簡単な無線カメラも増えてきています。モニターとカメラがセットになっているものも多く、カメラを4台使って、モニターに4分割で同時に映し出すことも可能です。

カメラの方式によって画素数も違えば、撮影した映像の滑らかさも変わってきます。遅延の無い映像が望ましい場合はHD-SDI方式や3G-SDI方式のカメラが最適です。これらは伝送時にデータ圧縮を行わないので映像がスムーズに流れます。画素数も高いため、高画質です。画質などにこだわらない場合は、昔からある方式のアナログ方式のカメラで十分と言えます。アナログ方式は種類も豊富で、価格が最も安いです。

監視カメラの用途

近年、様々な犯罪が多発しており、監視カメラの需要がますます高まってきています。空き巣被害や車上荒らし、ひったくり事件などのニュースをよく耳にするようになってきましたが、監視カメラの映像が決め手となり、これらの事件に関わる犯人の逮捕に繋がったケースも数多くあります。人が多く出入りするような施設や公共機関にも積極的に設置されるようになり、不審者をいち早く発見できるようにもなりました。

また、監視カメラは上記のような犯罪に対してだけでなく、その他の分野においても幅広く活用されています。例えば、土砂崩れの可能性の高い所や川や海などに設置し、その変化を見守ったり、ビルなどに設置することで気象状況の把握をしたり、独居中の高齢者の見守りにも利用されたりするようになってきました。企業や工場、スーパー等においては、入出管理や勤務状況の確認、工場ラインの安全チェック、在庫確認の目的で活用、そして広い職場では職場内の異常をより早く察知できるようになってきました。防犯だけではなくマーケティングや製品管理などにも生かせるので、監視カメラの普及率は伸びてきています。

TOPIC≪防犯カメラ・監視カメラ録画システムのアロバビュー

監視カメラの種類も、技術の進化とともに豊富になってきています。目的や設置場所に応じて最も適した種類のカメラを設置することで、より効果的にカメラを利用できるようになります。メーカーも国内メーカーに留まらず、海外のメーカーの製品も多く出回っています。このサイトでは、監視カメラの種類やその特徴について説明します。