監視カメラの用途

近年、様々な犯罪が多発しており、監視カメラの需要がますます高まってきています。空き巣被害や車上荒らし、ひったくり事件などのニュースをよく耳にするようになってきましたが、監視カメラの映像が決め手となり、これらの事件に関わる犯人の逮捕に繋がったケースも数多くあります。人が多く出入りするような施設や公共機関にも積極的に設置されるようになり、不審者をいち早く発見できるようにもなりました。

また、監視カメラは上記のような犯罪に対してだけでなく、その他の分野においても幅広く活用されています。例えば、土砂崩れの可能性の高い所や川や海などに設置し、その変化を見守ったり、ビルなどに設置することで気象状況の把握をしたり、独居中の高齢者の見守りにも利用されたりするようになってきました。企業や工場、スーパー等においては、入出管理や勤務状況の確認、工場ラインの安全チェック、在庫確認の目的で活用、そして広い職場では職場内の異常をより早く察知できるようになってきました。防犯だけではなくマーケティングや製品管理などにも生かせるので、監視カメラの普及率は伸びてきています。

TOPIC≪防犯カメラ・監視カメラ録画システムのアロバビュー

監視カメラの種類も、技術の進化とともに豊富になってきています。目的や設置場所に応じて最も適した種類のカメラを設置することで、より効果的にカメラを利用できるようになります。メーカーも国内メーカーに留まらず、海外のメーカーの製品も多く出回っています。このサイトでは、監視カメラの種類やその特徴について説明します。